編みキノコワークショップにて

どーもどーも。

更新しないので、もう誰も見なくなっちゃったんじゃないかと思いながらの更新です。

最近、編みキノコワークショップを開いていて改めて思うのですが、「自由にやる」というのは本当に大事だな、と。

「いちど、ここまでできるようになってから」というやり方もあるし、「そうやった方が良いことがたくさんある」と言う人も多いと思いますね。

中には「自由に」と僕が言うのに対して怒る人もいる。

だからそういう人には先に謝っておきます。

すいません。

本当に申し訳ない。

けれど、見ている限り「自由にやる」ということを人生でけずってしまうことはことのほか多いんではないかという印象ですね。

それで色々なことに対して「不可能」と思い込んでいる人が多いように思いますね。

だから「自由に」というのは大事と思います。

いいじゃないですか、編みキノコくらい。

そういう心持ちです。

 

ちなみに下の写真は浅草橋のステキ毛糸屋「keito」での編みキノコワークショップで、参加者の皆様が生やしたキノコです。

素晴らしき多様性!